読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア、からの幸福論

この本買った。『肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法』。ぱらぱら読んで、やってみた。

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

 

 

ちょっと前から、夜だけ「美容断食」を始めてみたのだけど、朝も化粧水なしって初めて。顔つっぱりつっぱり。そんで超絶薄メイク。

 

この本のすごい所は、このわたしが、やってみようと思えたこと。前にも、できるだけシンプルなライフスタイルにしたくて「何にもつけない生活」みたいなwebを見たのだけど、どうしても化粧・化粧水なしなんて無理だ。と思ってしまって諦めていた。でもこの本読んだら、まじで、今すぐにやめたい、今すぐに!と思えて、即実行いたしました。なんかもう肌の突っ張りもむしろ快感にすら思えてきたよ。きれいになーれわたしのお肌。

↓ワセリンも買ってみた

f:id:tenbin-girl:20140411234234j:plain

 

で、タイトルの件です。

 

この宇津木先生の方法を続けていくと、いずれ基礎化粧品のいらない肌になるようです。肌が本来の力を取り戻して。それって絶対そっちのがいいですよね。お金もかからないし、たとえば災害時、緊急事、化粧品が品薄になって手に入らないときに困らない。

 

それって化粧品から自由になったということですよね。現代の「自由」ってちょっと意味取り違えてるとこあるけど。つまり、化粧品の例で言えば、「どんな高級な物でもなんでも自由に使える(買える)」ことが自由なんだと思われてるけど、それは化粧品に縛られてるわけで。化粧品がないと生きていけないわけで。全然自由でないのです。

 

一方で、化粧品を使わなくてもいい状態になれたら、それは化粧品がなくても生きていけるってことで、化粧品に縛られてない。これが本当の自由です。

これって他の全てのことに言える。

食べ物もそう、レジャーもそう、恋人もそう。

何でも好きなもの食べられる、それが自由なんじゃない。食に縛られないこと。食べなくても生きていけるなら、それってそんなに自由なことない。

 

何でも好きなことできる、それが自由なんじゃない。楽しみに縛られないこと。無理に遊ばなくても生きていけるなら、それってそんなに自由なことない。

誰でも好きな人と付き合える、それが自由なんじゃない。一人でも生きていけるなら、それってそんなに自由なことない。

こうしてみると、やっぱり自分自身が豊かであればあるほど、余計なものは必要としなくって、色んなものから自由なんだということがわかる。

こういう話をすると、そんなのつまらないとか、退屈とか、心が貧しいとか言う人がいるのだけど、それは明確に違うと思うのです。

自分の中に資源がないから(貧しいから)、外の物を必要として、外の物を求めるんだよ。

自分の肌に水分がないから、化粧水に頼る。自分の体で栄養分を作り出せないから、食事をとる。自分一人では幸せになれないから、恋人を作る。

自分の肌が潤ってれば、化粧水はいらなくなる。自分で栄養を作り出せたら、食事はいらなくなる。自分一人で幸福感を得られたら、恋人はいらなくなる。

 

どっちが本当に豊かなのか?私は本質的な幸福を求める。

 

そういう、本当に「自立した」人たちがたくさん集まって、同じ方向を目指すことができたら、それはもっと素敵なこと。

 

愛する、
それはお互いに見つめ合うことではなく、
いっしょに同じ方向を見つめることである。

サン=テグジュペリ

 

↓すごく好きな箇所がある本

 

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版