読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソウルメイトに出会ってますか

思考 人間

わたしがソウルメイトという言葉を初めて知ったのは確か中学3年くらいで、当時から今も色々お世話になってる11個年上のお兄さんから教えてもらって、そんな感じの本を借りたことがきっかけだったと思う。

 

その本は翻訳本だったのだけど、なかなかぶ厚くて、漫画大好き文字列苦手なわたしは読むのをあっさり挫折して、その後借りパクしかけて、数年後にようやく返却(もちろん読まずに)できた。

 

先日ズイショさん(id:zuiji_zuisho)の短いエントリを読んで、わーズイショさんは短い文も書けるんだなーそりゃ大は小を兼ねるもんねー奥さんと仲良いなーとか思ってそれはそれで終わったのだけど、今日ふとソウルメイトについて思いを巡らせるに至ったので書いてみる。

 

わたしはyoga哲学や仏教を学んでいるし、そもそも学ぶ前からだけど、生まれ変わりとか輪廻転生は普通にあるもんだと思っている。明確に覚えているのは小学校の頃、友達がウチに遊びにきたのかわたしがお邪魔したのか不明だけど、家の網戸に蝉が止まってて、我々人間が近づいても逃げないことがあって、その時に一緒にいた友達が「あ、これおじいちゃんが帰ってきたのかも」的なことを言いよって、その時に素直な少女わたしは「あっそれそういうことなんや」と思って、それ以来、そのようにすり寄ってくる動物・小動物を見かけては、誰かの生まれ変わりなんだと思っていた。

 

だから、中3でソウルメイトって言葉を知った時も、当然そのようなものは存在すると思って、それが明文化されてることに感動したというかなんというか、当時仲良かった女友達と「わたしたちソウルメイトー♪」なんつってはしゃいでましたけど。

 

大人になってyoga哲学を学んだことで、生まれ変わりの確度・可能性とか、理由とか、より明確になって、やっぱり起こること全てに意味があって、偶然はないんだって思うに至ったし、わたしは今生でもソウルメイトに何人か出会っていると思う。

 

ここでいうソウルメイトは、特に縁が深い関係の人のことを指してて、そこまで縁が深くなくても、人生で出会う生き物(動物含め)は皆、過去世のどこかで、何らかの関係を持っているんだと思うんだけどね。だって同じ時代・同じ国に生まれてしかも接したり会話したりするレベルって言ったら相当な確率じゃない。付き合うとか結婚とかまでいっちゃったら、もうすごいよ。

 

もちろん証明は難しいけど(ただし生まれ変わりがある、とする強力な証拠は世界中でたくさん報告されているけど)、これをただの偶然で片付けるより、全て繋がっていて必然って考える方が、わたしはなんだか心の奥が拡がっていくような感覚になって、すごくひろい、大きい視点で物事を考えられるようになるから、個人的には好き。

 

時代を超えて、肉体が滅びた後も魂がずーーーーーーーっと繋がってて、また新しく出会うってなんか普通に考えて素敵やん。やばいやん。こういう話が好きな人にお勧めの映画はもちろんクラウド・アトラス。結構有名な俳優さんが出ているのに割と早く打ち切りになってしまった。長時間で難解だからかな。でもすごく面白いし音楽も素敵。マトリックスの監督兄(姉?どっちかわかんないけど性転換したのよ)弟が撮ったということで、やっぱり彼らは仏教観に通じているというのがわかるよね。

wwws.warnerbros.co.jp

元々は小説ですが、かなり分厚いぽいのでわたしは挑戦してません。。レビューを読むと、映画版のように輪廻思想とかカルマ思想っていうのはなさそうです。

クラウド・アトラス 上

クラウド・アトラス 上

 

 

クラウド・アトラス 下

クラウド・アトラス 下

 

 

ところでこのソウルメイトについて、よく「見分け方」的な記事を網上で見かけるのだけど、自分の感覚ではそこでよく書かれてるような「懐かしい感じ」とか「愛しい」とかそんなん全くわからなくて、人でデジャヴっていまだかつて感じたことないし。そんなわけでわたしなりの基準を考えてみました。

 

1.自分の人生に大きな(主観でね)影響を与えてくれた人

・・・どんな形でもいいのだけど。例えば高校時代の友人で最初すごく仲良かったんだけど一時期氷河期に陥った子がいて、その子のおかげでわたしは色んな気づきを得たのです。あとは自分に「動物占い」を教えてくれた、先の11個上のお兄さんとか。カルマの法則で考えると、やったことは返ってくるので、過去世で自分が相手に何らかの影響を与えていたと思われるのだよね。だから、今生で道を示してくれるんだろうなと。

 

 2.いつ会っても自然体でいられる人

・・・わたしには初詣友達といって、1年に1回、元旦にしか会わない人間がいるのだけど(高校時代の友人)、不思議と1年に1回しか会わなくてもお互いのテンションが変わらず、まるで毎日会ってるかのようなノリで過ごせる。そして全く気を使わないので一緒にいてとても楽。今のツレもそんな感じ。で、これは多分初めて会った時からそうで、それはやっぱり過去に一緒に過ごした期間があるから、慣れているのかなと。

 

3.占いの結果と全然違う関係の人

・・・占いやってる立場から言うのもアレなんですけど、よくソウルメイトとかツインソウルは「占いで明確に出る」とか言われているのですよ。確かに占い(占星術とか命占ね)も過去世の積み重ねで結果が出てると思うので、そういう一面はあると思うのだけど。でも占いの結果では全く縁がなさそうなのに、その時一緒にいてしかも結びつきが深そうな相手って、逆になんかすごい縁を感じます、個人的に。これはなんとなくでしかなくて、今のツレがこれだから書いただけかもしれないですけど。照

 

いずれにしてもソウルメイトとか生まれ変わりとかって、完全証明するのは無理だと思うの、アーカシックリーダーとかにでもならないと。だけど、自分でどう思うかは自由だし、この人と自分はソウルメイトだ、長い時空を超えて今ここで出会ってるんだ、とか思い始めると、胸の奥が熱くなって、ついでに目頭も熱くなって、自分ていう存在のなんたるかをしみじみとかみしめることになる場合もあって(わたしがそう)、そうなるときっと世界は違って見えますよ。それはそれでいいやない。