読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いも悪いも意味もないの

今日は新卒の会社の同期会で、内定者時代に出会って10年目かーなんつって普通に楽しく終わって帰ってきたんですけど、それとは全く関係ないところで思ったことが。

誰かが、というかみんな思ったことを言うでしょ、現実でもネットでもブログとかツイッターとかでもさ。で、それは別に本来言っても言わなくてもいいことだし、言ったところで現実が変わるかもしれないし変わらないかもしれないし、誰かを傷つけるかもしれないし喜ばせるかもしれないし、つまりどういう結果を招くかもわからないけど、どういう結果を招いたとしても、大抵のことは言っても言わなくてもいいことなんですよね。

だけどなんで言うのか、と。色々なコストを割いて、主張するのか、と。このブログ含め私自身含めですけどもちろん。コストに見合うリターンが、あるともないとも考えていない場合もあるだろうし考えた結果かもしれないけど、結局どっちでもいいし大したことではない。別に言わなくてもいいじゃん、て。

不特定多数の(又は特定の)誰かに想いのタケを伝えたかったり、想いを吐き出すことでバランスをとっていたり、思考の整理ができたりとか、承認欲求とか色々あるんだろうけども。不満をぶつけたり、現実を変えようとか、相手を変えようとか色々な思惑があるんだろうけど。でも別に言わなくてもいいじゃん。

そう思うと、誰かの何かの発言に対して、良い悪いの判断もしにくいなーと思う。絶対的な良し悪しってない気がするし、ただの主観的な感想だなと。だから、誰かが何かを言っても言わなくてもいいし、そのことは良くも悪くもない。もちろん人を傷つけたり差別したりする発言て私個人の倫理観的にはどうかと思うけども、傷つくのラインも人それぞれだし結果的にその傷がいい方に転ぶことだってあるかもしれないし。人間万事塞翁が馬的な。

思ったことを言う言わないに限らず、生きてることって突き詰めると全てそういうことに思えてしまって、だから昔から何かに心から熱中することがなかなかできないでいるのだろうなと思う。表面的には外面的には熱中しているように見えても、実際に多くのお金や時間をそれに割いていても、心の奥、潜在意識ではそれって結局どうでもよくね?と思っているところがある。(だって実際そうなんだもの)

でもそれを認めてしまったら、生きてる意味がなくなるし、かといって死にたいわけではないし、どうせ生きるのであればより良く生きたいじゃない。だから積極的に人生に意味を見出している毎日。という逆説的なわけわからない話。

・・・・・

と思ったけど書いてて、あぁこれ(「なんで言うのか」)はどんな場合でも、大抵は自分を守るためなんだろうなぁと思った次第。結果的に守れるかどうかは別として。バランスとる云々とか承認欲求とかはまんまそうだし、相手や現実を変えようとするのは、自分(や身内)の地位やプライドを守るためでしょ。やっぱりそういうことなのかナー。わからないけど。

自分自身じゃない誰かのために何かをするって、無私の精神ってとても難しい。母親にでもなったらわかるのかナー。(ならないけど)

https://www.instagram.com/p/BDnf4E6utSM/