読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想いとスキル

Chris兄ぃがやはりトップでファイナルに行ったんですけど

heavy.com

youtubeで完全にUPしてくれてる人がいなかったので記事で事実だけ確認。)

(そろそろ日本からNBCとか他の番組も観れるようにしようかなと思うのだけどいまいちやり方がわかってない。投票したくてたまらんよ。)

あ、The Voiceの話です。

わたしがいなくても幸せな人 - 協調性なんていらねぇ ~てんびんがーるのマイペース思考~

すごかったんですよ、セミファイナルのパフォーマンスも。

www.youtube.com

www.youtube.com

この人毎回毎回すごくて、なんつーか歌が飛びぬけて上手いのもそうなんだけど、パッションていうか、熱というか、魂を感じるんですよだからもう何回も繰り返し観てしまう。ブラインドオーディションも含めて彼のパフォーマンスはもう何回も観てるよ。知らない歌でも何回も観れる。引き込まれる。他の人は最後まで観れなかったりするんですけどね退屈で。こんなの生で観たらそりゃー立つよ、席立つよ。Gwen姐さんとか毎回立ってんじゃないの。バトルラウンドでGwenねぇが" I was so mesmerised by your body. "って言ってたのだけど、今になってわかる。確かに。そういうことか、と。

The Voice 2017 Battle - Chris Blue vs. RJ Collins: "Adorn"

 

前に、「想い」と「スキル」と「全体感」が大事らしいって記事を書いたんだけど、彼をみていて、アーティストも(アーティストこそ?)同じなんだろうなと思った。いや、わたし本当にアートとか音楽とかわからないんだけどね。評論とか批評とか全くできないんだけど。あと彼がどういう方向性を持っているのかは、バックステージのエピソードとか観てないから全くわからないんだけど、、とにかく、アーティストも職業人も、スキルだけではだめだということ。もちろんスキルは最低限必要なものなんだろうけど。

と、いうか、「想い」を形にしたり、誰かに届けたりするためのツール?方法論?が「スキル」なんだろうな。それでいうと、やっぱり「想い」があってこそ、なのかしら。溢れだしてくる何かがまず先にあれば、スキルは後からついてくるって気はする。

いやそんなこともないか。スキルを得られた人は、(努力できることも含めて)幸運なのだと思う。自分(の想い)を適切に、最大限表現できる手段・技術なんて、なかなか得られないよね。だからそれを持ってる人っていうのは、まさにgiftedだよ。

いやむしろgiftはその想い・パッションの方?...ニワトリと卵みたいな話はだんだん疲れてくる。

 

ともあれ。TOP3にはお気に入りのAliyahちゃんも入ってよかったんだけど、VanessaとHunterはあかんかった...。まぁもう今回はChrisに決まりでしょうか。ってことで、彼は最後何歌うんですかね。毎回毎回期待を超えてきてる感じがあるから、もうこれ次どうするんだろ。