紹介業だからこそ士魂商才

9月が終わってしまう...!毎度思っていることですがあっという間に秋ですね。日々考えていることは多々あれど、最近は「野球がなんでこんなに面白いのか」が主です。野球楽し過ぎる...。だけど考えがまとまらないので放置してます。早く草野球チームに入りたい...。

https://www.instagram.com/p/BoRPfvmBRwU/

***

さて。

以前お世話になった不動産屋さんがブログで「士魂商才」について書かれていて、その言葉を初めて知りました。

ameblo.jp

dictionary.goo.ne.jp

www.idemitsu.co.jp

これや...私が大事にしてるのこれや...と嬉しくなりました。こんな言葉あったんやね。

尚、

侍の魂を持って商売人の才を発揮せよ。

とは武士道 「義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義」をもって商売するって意味と受けとりました。

www.head-t.com

武士にとってお金などは二の次である。打算や損得から離れ、自分が正しいと信じる道を貫くことが武士の正しい姿とされた。武士はとにかく銭勘定を嫌った。銭勘定はつまり損得を追求する行為だからである。だから商売は商人たちにまかせて、上位の身分である武士たちは人々の模範となる生き方を追求した。

打算や損得を超越し、自分が正しいと信じる道を貫く。武士道の中心となる良心の掟、これが義の精神である。

これをもって商売の才を発揮するとな。かっこいい。

 

私は人材紹介をしてますが、紹介業って特に、自分とお客さん(転職者・法人ともに)の利益相反みたいなことが往々にしてあるんですよね。不動産しかり結婚相談所しかり。

人材紹介でいえば、

ブラック企業だったりミスマッチなことをわかってて、手数料が高くなる方へ紹介したり(手数料率が高いor給与が高い←転職者の年収×手数料率でフィーが決まるから)。

○問題のある転職者(仕事ができないとか人格に難ありとか)と分かってて、それを伝えずに、困っている法人に紹介するとか。

 

他社の実態を知らないのだけど、世の中の転職本やネットに溢れる転職記事では転職エージェントがボロクソに言われてたりしますし、実際仕事してても、紹介会社を警戒している法人が多いのは事実なので、そういうことをしている会社は沢山あるのだろうなと思います。

そんな紹介業だからこそ、士魂商才を心掛けたい。

私自身、お金は大好きだしフィーを沢山払ってもらえたら嬉しい。給与体系も、インセンティブ制ではないけれど、売上実績に対して×%みたいな設定なので、売上あがったら私もお給料上がって嬉しい。

だけど、どんな仕事も人間関係も、誠実さが一番大事と心から思ってます。純粋に転職者の幸せも、法人の幸せも、自分の幸せも追い求めたい。三方よし・四方よしというか。自分の利益だけを追求する人間を誰が信用してくれるのだろう。少なくとも私は信用しないし付き合いたくない。関係者全員がwin-win-winになれるような紹介をして初めて気持ちよくお金を払ってもらえるのであって、そういう仕事をしたいといつも心掛けてます。

というか、変な紹介して、短期的には利益が出ても、長期的には絶対うまくいかないんですよ。だから本当に自分の利益を考えたら、誠実であることが一番だと思うんですけどね。(利益を考えて誠実である訳ではないです、念のため)

 

まぁ紹介会社に限らず、転職業界では法人や転職者でもセコいことをする人たちはいて、中抜き(紹介会社には辞退と伝えて、実際には入社する=手数料の支払いがなくなる)しようとしたりするんだけど、そういう人達とは二度と関わりたくないと思うじゃないですか。業者に対してそういうことする法人には、できる限り消費者/受益者としてもお世話になりたくない。

最近Twitterで見かけた、”本屋で散々立ち読みした後に「Amazonで買おう」と言って立ち去った”みたいな話にも通じると思うのだけど、自分自身も気を付けようと思っている。リアル店舗が高いのは実際に触れることができたり、知識ある店員さんが接客してくれたりしてそこに価値があってお金を乗せているのだから、自分だけその利益を得て対価を払わないのはどうかと。

 

常々、世の中は全て引き寄せの法則があって、仕事でもプライベートでも自分と似たような人間を引き寄せると信じているので、自分も中抜きするような人間にはなるまいと思って生きてます。それでももちろん変な人に会うことはあるけど...その時は自分がおかしいってことかなって反省してる...。

 

ただ紹介会社で、こういう考えをもって仕事できてることは稀なのかもしれない。きっと毎月数字数字言われて追い込まれて大変なのでしょうね。でも、自分を好きになれない職場ではなかなか辛いものがあると思うよ。。

 

tenbin-girl.hatenablog.com