読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしがいなくても幸せな人

The Voice USが相変わらず好きなんですけど、

tenbin-girl.hatenablog.com

Season12も先週、いよいよTOP10から8になりました。そのTOP10のパフォーマンスで、私が好きな1人であるAliyahちゃんの”Jealous”がめちゃめちゃよかったんですよ。

The Voice 2017 Aliyah Moulden - Top 10: "Jealous" - YouTube

最後の方で泣いちゃってるんだけど、私もそれ以上に泣いたわ!えーん(p_q)

 

Voiceでは放送が終わった後、日本時間では大体火曜・水曜の未明くらいにYouTubeに動画がUPされることが多くて、再生回数も人気の指標の1つになってる気がします(投票には反映されないけど...)。

これまではChris Blueのパフォーマンスがほぼ毎回、トップの視聴回数だったんだけど、TOP10では、AliyahのがCrhisを上回ってます。(今回Chris兄ぃのもめっちゃダンスしてていいんだけど、いつもと雰囲気は違う)

The Voice 2017 Chris Blue - Top 10: "24K Magic" - YouTube

現時点で、Aliyah 89.8万回、Chris 85.1万回。ちなみに他の参加者は、、

Lauren Duski 41.3万回

Hunter Plake 38.8万回

Mark Isaiah 35.7万回 →今回ボトム3入り、結果落選

Vanessa Ferguson 34万回 →今回ボトム3入り、無事Save

Jesse Larson 29.6万回

Brennley Brown 27.5万回 

TSoul 24.3万回

Lilli Passero 23.4万回 →今回ボトム3入り、結果落選

てな感じで、圧倒的に観られているのですよ。個人的にTOP3はChrisとAliyah、+VanessaかHunterがいいなーと思ってますけど、まぁでもChris以外はわからんね。

 

で、今回Aliyahちゃんが歌ったLabrinthのJealousですけども、2012年発表だったようで、もちろんずっと前からよく耳にしていて、いい曲やなぁ~とは思っていたし、歌詞も知っていたし、Xファクターで話題になった人の話も聞いてたから、ただの恋愛の曲じゃなくて、大切な人を失った時の歌って感じなんだなぁ、、って認識はしていたんだけど。

※Xファクターで話題になったやつ(和訳があった)↓

Josh Daniel sings Labrinth’s Jealous The X Factor UK 2015 日本語字幕 凄腕プロデューサー・サイモン・コーウェルも涙 - YouTube

これも前にみたけど、その時はあまり心にヒットしなかったんですよね。

 

だけど今回、Aliyahちゃんの歌を聴いて改めていいなぁと思って歌詞を調べました。

I wished you the best of
All this world could give
And I told you when you left me
There's nothing to forgive
But I always thought you'd come back, tell me all you found was
Heartbreak and misery
It's hard for me to say, I'm jealous of the way
You're happy without me

 

およげ!対訳くん より

ちなみにラブリンス本人の動画はこちら

Labrinth - Jealous - YouTube

泣ける、、、(;_;)

英語の歌詞は、意訳した感じのものよりも直訳→雰囲気でつかみたい方なんですが、なんかこう、、こういうの、あるよね!っていうのがうまく表現されてて素晴らしいなと。(当方、語彙力が壊滅的にない)

相手の幸せを心から願っていた、はずだったけど心のどこかで、「やっぱりいいことなかったよ」とか言いながら自分の元に帰ってくることを期待していた、んだけど、実際相手は自分がいなくても幸せになってる、ことに嫉妬する、、、言いにくいけど。

って切なすぎる、、、><。

 

きっと誰にでもこういう別れはあって、いやここまで綺麗なものでもないかもしれないけど、「わたしがいなくても幸せな人」っていうのは世界に沢山存在しているんですよね。

それは健全な人間関係だと思うけれども(だって「誰か」がいないと幸せになれないって、それこそ不幸せじゃねーか、と個人的には思うので)、なんだかちょっとだけ寂しい気持ちがするのはわからんでもない。それが人間の情ってものなんだろう。

 

なおこちらの記事によると、ラブリンス自身は、この曲父親について書いたそうな。

これはLabrinthが自分たちのもとを去った父親に向けて書いた曲とのこと。なんでも4歳のとき、彼を含む9人(!)の子どもたちと妻を置いて出ていったとのこと。幼くして離れたので思い出もあまりなく、平気なつもりでいたけれど、父親が新しい家庭を持つことになったと知って嫉妬したときの気持ちをこの曲で歌っているそうです。

大切な人を失ったときに。Labrinth 「Jealous」の新しい聴き方 - wasabiNY

 

そして今回、Aliyahが泣いてしまった理由は、Voiceのコメント欄に書いてあったんだけど、リハーサルの時に彼女が、小さい頃(生まれた直後?)にお父さんを亡くして寂しい思いをしてた、という話をしていたらしく、そのお父さんのことを思って歌ったから、みたいな感じらしい(多分)。もしかしたら、ラブリンスの作曲の背景も知っていたのかな?なんて。

 

こういう、参加者の背景にある事情とか知りたくないって人も一定数いると思うし(実際、Voiceの事情を説明するコメントに対して「そういうの知りたくない」って書いてる人もいた)、確かに無意識に同情票が入ってしまったりして、フェアじゃないのかもしれない。

けど、感情を乗せられるとか届けられるっていうのも素晴らしい才能だと思うし、というか歌手ってそういうもんだろと思っているので、個人的にはそういう背景とか知りたいし、参加者には思い入れのある曲を沢山歌ってほしいなーと思っている。(オーディション番組ではよくあることだし)

The Voice、次回はTOP8→TOP4に絞られます(多分)。いよいよseason12も大詰めですわー。わくわく。