読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事中の怒りをこらえる方法3つ+α

今月末で退職する会社の仕事が、最近にわかに忙しい。忙しいことは別にいいのだけど、仕事が忙しいということは、特定の人と関わる深度が深くなっていくってことで、それによって怒りが起きやすくなっている。

自分は会社では淡々と仕事をこなすキャラを演じ(られ)てい(ると思ってい)て、あまり仕事がおできにならない営業の方が無茶ぶりしてこようが、かわいい新卒2年目女子がため語で意味不明な質問してこようが、割ときちんと応えている(笑顔はないし口調もきつくなっちゃうけど)。余談ですがこの新卒2年目女子は、嫌いとかではない。好きでもないけど。つまりいい距離感(=どうでもいい)ってことだね!

でも人と深く関わるようになると、その人の色んな面を見ることになったりするし、こっちも一生懸命仕事してる分、相手に求めるものが大きくなってしまって、どうしても怒りが込み上げてくることが、多々ある。最近。そう最近特に。

※仕事を離れてしまえば、運動したり占いの勉強したりyogaしたりと、好きなことしたら割とあっさり忘れられるので、本質的にはどうでもいいと思っているはずなんだけど。

 

そもそも自分は怒りやすいタイプで(ホロスコープ的にも実感的にも)、人一倍気を付けないと、かなり頻繁に怒ってしまうことになる。 

yoga的生き方を実践したい自分にとって、怒りは最大の敵。怒りは何も生まないし、自分も周りも傷つけるから。精神的にも物理的にも。だからすごい気を付けてるし、怒りなんてなくなればいいのにと思ってる。

 

そんなわけで、わたしが実践している仕事中に怒りをこらえる方法を書いてみる、自戒の念も込めて…。

 

 1.溜息からの深呼吸とストレッチ

これ、新卒時代からわたしの大事にしてる言葉ですが、「溜息は深呼吸のはじまり」(あ、別に誰かの言葉とかではないです)。人は怒ると交感神経優位になってストレス状態になりますが、息を吐くことで副交感神経が刺激されます。溜息はストレスを緩和するための防衛行為だったのですね~。余裕がある時はトイレで、もう間に合わないって時は自席で思いっきり。なんなら靴脱いで靴下(大体いつも膝下ストッキングみたいの履いてる)脱いでイスの上でパドマアーサナ。ストレッチは首・肩・肩甲骨周りを中心に。

 

2.スタバ・ナチュラルローソンまでお散歩

今の会社はビルの18階にあるのですが、1階にスタバが入ってたり、近くにナチュラルローソンがあったりします。15分ほどぷらっと行きます。癒しのココアをgetできるってこともあるのですが、歩きながら思考を整理できるし、ふくらはぎも刺激されて血流もよくなるし、前向きホルモン的なもの(結局何か思い出せない)も出るじゃないですか。あとはやっぱり天秤座的に、店員さんとかには笑顔を振りまいてしまうので、無理くりでも笑顔を作れるのはいいのかなと思います。「面白いから笑うんでなく、笑顔だから面白くなる」的なあれですね。

 

3.PCの起動PWに自戒の言葉を設定する

これ実は一番有効ですわたし的に。今の会社は結構頻繁にPW変えないといけないのですが、そのたびに自戒の念を込めた言葉を設定してます。ちなみに今は「Fudoshin+数字」。不動心です。いらいらしても、PC起動させる時に、「いかんいかん、不動心や」って「こんなことで怒ってどうするんや」って、思いなおせます。ちなみに過去には「Byodoshin」とか「Shogyomujyo」とか設定してました。

 

 

あとはやっぱり笑うことですよね。笑いって本当に人生で一番大事なんではないと思うくらい大事。今の会社でもありがたいことに、一緒に笑える仲良しのおねえさんがいて、本当に癒されている。

 

あとこの方にも。すごい癒されている。最近一気に大人気ですけどわかる。

 

悩みは特にありません。

 

 

はるなさんいつもありがとうございます!(勝手に読んで勝手に笑って癒されてるだけ)

 

怒らない技術 (フォレスト2545新書)

怒らない技術 (フォレスト2545新書)

 

 

 

「怒らない体」のつくり方――自律神経を整えるイライラ解消プログラム