読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使うことは傷つけることだけど鍛えることでもある

仕事がばたばた過ぎて、書きたいことはあったけどこちらの優先順位下がってしまってました。

 

はてなではすごい長い記事多い気がしてるのですが(自分が見てるやつだけかも)、会社員の方でも長い記事を頻繁に書かれてて、どうやって時間捻出しているんだろうと疑問に思ったりします。

 

さてタイトルの件ですが、何にでも言えることですよね。バランスが大事ってことではあるんですけど、過保護にしすぎてもよくないよってことです。

 

わたしの場合、胃腸でそれをよく感じるのです。

 

今はベジタリアンで、基本は野菜・海藻・果物・ナッツ類を頂くことが多くて、動物性食品は卵乳製品をたーまに頂くくらいです。米も小麦もあんまり食べないです(完全に断じてるわけではない)。そんなわけでトータルで食べる量(摂取カロリー)も少なくなったのですが、元々は大食いでした。

 

中学時代は夕飯直前にロールパンを1袋とか食べちゃいながらご飯2杯とか食べてたし(それでバスケ部だったのに太って中2にしてダイエット生活が始まるのですが)、高校時代はバイキング行って動けなくなるくらい食べてたし(ここでもバスケ部だったのに太った)、社会人になってからも、同期とがっつり飲んで食べた後に肉まん7個食べたこととかあったり(深夜1時頃にね)。※ちなみにわたしは今も昔も見た目は中肉中背です。

 

でもだからってニキビはそんなにできなかった。おとんとおかんのおかげで、肌は強くてきれいな方だと思う(いまだにたまにほめられるし)。高3から多少できはじめたけど、ホルモンバランスの乱れか、パーマかけて髪の毛が皮膚にちくちく当たるようになったからで、それまではどんな食べ物食べても飲んでも、肌に影響なかった。と思う。記憶って塗り替えられるから微妙ではあるけど。

 

でも最近は、ちょっっっっっっとでも量多く食べたり、油分多めにとったり、普段食べないようなもの(カロリーメイトみたいなスナックみたいなやつとか貰い物のチョコとか菓子パンとか。これも以前食べまくってましたけど)食べたりしたら、即!!!あごにでっかいニキビができます。。食べた翌日には必ず。。なんなら当日中から炎症の気配を感じる。。

 

※あごニキビ(ないし、口周りのニキビ)は胃腸の不調が原因と言われてます

 

だから、ベジタリアンじゃない会社のおねーさん達のが全然肌きれいなんです。これ結構切ないし、ベジタリアンを自信もって推進できない。

 

で、これなんでなのかなって考えたのですが。これが、タイトルの件です。

 

胃腸も使いすぎると傷つけるっていうけど、適度に使ってあげた方が、鍛えることにはなるんだろうなって。

 

断食したり、野菜多めの食事は(あくまでも動物性食品と比べて)胃腸を休めるから、肌がきれいになるって巷で言われてるけど、これはね、たまにやるからいいのであって、もう慣れてきちゃうと、胃腸が逆に弱くなると思うんです。わたしの胃腸は、甘やかすだけ甘やかしたので、もう小麦やショートニングに対応できなくなっちゃってんだな、と。

 

人間もストレスが全くないと生きていけないように、交感神経と副交感神経のバランスが大事なように、なんでも過保護にするだけじゃうまくいかないのかなーと。

 

だからって肉食には戻りませんけど、なんとかしたいなーと考え中。

※別に健康のためにベジタリアンしてるわけではないので。でも健康でいたいという気持ちもある。

 

顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本

顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本